地域おこし協力隊の制度について

みんなで作る、地域の未来。

今ある都会の生活。地元で暮らす友達や両親。
人の生活には様々な環境があります。

便利な物が溢れる都会での生活が長い人ほど、地方での
暮らしへのあこがれもあるかと思います。

都会を離れて地方で生活したい、地域社会に貢献したい、
人との繋がりを大切にしていきたい…。

今、都会に住む人たちがさまざまな理由で
豊かな自然環境や歴史、文化などに恵まれた「地方」に注目しています。

「地域おこし協力隊」とは人口減少や高齢化等の進行が著しい地域において、
地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、
その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、
地域力の維持・強化を図って行くことを目的とした制度です。

自分たちの生活/地方のこれから。
みんなで見つめ直してみませんか。

地域おこし協力隊の概要

2009年に総務省によって制度化されました。
2014年度には全国444の自治体で1,511人の隊員が活躍しています。
地方自治体が募集を行い、地域おこしや地域の暮らし等に興味のある都市部の住民を受け入れて地域おこし協力隊員として委嘱します。 隊員には地域ブランド化や地場産品の開発・販売・プロモーション、都市住民の移住・交流の支援、農林水産業への従事、住民生活の維持の為の支援などの「地域協力活動」に従事してもらい、併せてその定住・定着を図ります。

このような活動を通じて、地域力の維持・強化を図っていくことを目的としています。
総務省が隊員1人につき報償費等として年間200万円~250万円、活動費として年間150万円~200万円をそれぞれ上限に地方自治体に対して財政支援しています。
また、2014年度からは隊員最終年次か任期後1年の間、隊員の起業に要する経費について地方自治体が支援を行った場合、100万円を上限に国の支援を上乗せしました。

地域おこし協力隊になるには?

  • 活動内容や条件、待遇等は各自治体によって異なります。
  • Komfortaに会員登録していただき地域おこし協力隊の募集を探している旨をお伝えください。弊社Komforta事務局よりおすすめの自治体をご紹介いたします。Komfortaへログイン後のマイページ→メッセージからお送りください。

期間・待遇

概ね1年以上3年以下の期間、地方自治体の委嘱を受け、地域で生活し、各種の地域協力活動を行って頂きます。
活動費については、自治体及び活動内容により異なります。

メニュー