輪島市の紹介

いしかわけん わじまし

石川県 輪島市

面積:426.36km²
人口:29858人
人口密度:70人/km²

石川県輪島市は、能登半島北部の中核となる市で、人口は約2万5千人。輪島塗りや朝市が全国的に有名で毎年大勢の観光客が訪れています。
輪島市には、1千年以上も前から続くといわれる、輪島の朝市や、自然豊かな輪島には、心を癒す観光スポットがたくさんあります。

輪島市の紹介

いしかわけん わじまし

石川県 輪島市

面積:426.36km²
人口:29858人
人口密度:70人/km²

石川県輪島市は、能登半島北部の中核となる市で、人口は約2万5千人。輪島塗りや朝市が全国的に有名で毎年大勢の観光客が訪れています。
輪島市には、1千年以上も前から続くといわれる、輪島の朝市や、自然豊かな輪島には、心を癒す観光スポットがたくさんあります。

輪島市の商材

輪島塗

製造行程が分業制で、それぞれの分野に職人がいて、行程の数も100を超えます。そのため、細分化され特化された職人の技術の総結集が輪島塗です。また、全てが天然の素材で手作業により作られており、木は主に能登産のヒバの木を使い天然の漆で仕上げていきます。華飾も蒔絵と沈金、いろいろがあり、見た目も豪華絢爛です。

朝市

輪島の朝市の歴史は古く、平安時代から行われていたという文献があることから、1000年以上の歴史があることになります。神社の祭礼日などに生産物を持ち寄って、物々交換しあっていたのが市の始まりとされ、室町時代には毎月4と9の付く日に市が開催されるようになり、明治時代には毎日、市が立つようになって今に至っています。

漁業

暖流と寒流が交わる沖合の天然礁の好漁場により1年を通じ豊富な魚介類の水揚げに恵まれ、輪島港の水揚げ高は県内一を誇り、輪島港は冬場にはズワイガニの水揚げ量も県内一です。

▲ズワイガニ

▲あわび

▲輪島ふぐ

▲さざえ

農業

能登の風土を生かした生産が行われ、優れた特長・品質を要する野菜の中から17品目を能登野菜として認定しています。

▲能登ミニトマト

▲沢野ごぼう

▲能登白ねぎ

▲能登金時

輪島市の商材

輪島塗

製造行程が分業制で、それぞれの分野に職人がいて、行程の数も100を超えます。そのため、細分化され特化された職人の技術の総結集が輪島塗です。また、全てが天然の素材で手作業により作られており、木は主に能登産のヒバの木を使い天然の漆で仕上げていきます。華飾も蒔絵と沈金、いろいろがあり、見た目も豪華絢爛です。

朝市

輪島の朝市の歴史は古く、平安時代から行われていたという文献があることから、1000年以上の歴史があることになります。神社の祭礼日などに生産物を持ち寄って、物々交換しあっていたのが市の始まりとされ、室町時代には毎月4と9の付く日に市が開催されるようになり、明治時代には毎日、市が立つようになって今に至っています。

漁業

暖流と寒流が交わる沖合の天然礁の好漁場により1年を通じ豊富な魚介類の水揚げに恵まれ、輪島港の水揚げ高は県内一を誇り、輪島港は冬場にはズワイガニの水揚げ量も県内一です。

▲ズワイガニ

▲輪島ふぐ

▲あわび

▲さざえ

農業

能登の風土を生かした生産が行われ、優れた特長・品質を要する野菜の中から17品目を能登野菜として認定しています。

▲能登ミニトマト

▲能登白ねぎ

▲沢野ごぼう

▲能登金時

メニュー