インタビューNo,006

インタビューNo,006

お名前

服部 ゆき さん

移住先

福島県伊達市

人生の再スタートとして、お祖父さんが住む福島県への移住を実現された服部さん。
家探しに大変苦労をされたとの事で、家探しについてのポイントなどを中心にお話をお伺いしました。

祖父が福島に住んでいるため、近くに移り住みたいと考えました。

シングルマザー支援協会のメルマガ、移住関連サイトのメルマガで集めました。

移住コンシェルジュと共に、家探しをしました。
希望を伝え、不動産をいくつかピックアップしていただいた上で、物件を一緒に回りました。

・仕事の有無と地域の標準給与帯を知ること(地域によって、かなり基本給が異なるため)
・︎自治体のウェルカム具合を知る(移住支援などはあるか)
・地域の方達と実際に出会っておく(先輩移住者や地域の方達と事前に出会っておくことで勇気が湧く)
・地域に自分たちが加わることのできるコミュニティが実際にあるのかを知る

望むような家がなかなか見つからず、大変でした。
児童数が少ない山間部で暮らしたかったのですが、母子家庭ですぐに暮らせるようなアパートがありませんでした。
田舎になればなるほど、古民家を自分でリノベしたり、廃屋に近い空き家に住んだりしなければならなくなり、新しい人間関係をどうやって築いていけばいいのか、見通しが立たない事などが大変でした。
(私の場合は仕事が在宅ワークのため、余計に)

岡山など。
移住者が既にたくさんいて、それぞれが活発に動いており、尚且つ、それを意欲的にネットなどで発信している地域。

・︎景色がいい
・︎祖父がいる
・︎友達が近くにいた

移住は、人生の大きな再スタートです。
新しく生活を始めようと考えている地域の人たちと実際に会って、話して、気持ちをしっかり固めてからでも遅くないです。
『ここでなら頑張れる!』という自信を持って、笑顔で引っ越せる地域と出会うことが大事やと思います。